「1メートルは何センチ?」メートルとセンチメートルの変換法

  • URLをコピーしました!

1メートルは何センチ?ですか?

この記事では、小学校で習う距離の単位変換の基本を解説します。

普段から使っている人はすぐに答えが出てきますが、使い慣れていない人にとっては「1メートルは何センチ?」と聞かれた時にとっさに対応できずに戸惑ってしまうこともあるかもしれませんね。

目次

単位変換って何?

日本で距離を測るのによく使われる単位には『mm(ミリメートル)』、『cm(センチメートル)』、『m(メートル)』、『km(キロメートル)』があります。

例えば、私たちが自分の身長を言う時に「140cm」と答えることが多いですね。これを『m』で表すと「1.4m」となります。

『mm』で表すと、140cmは「1400mm」になります。

このように、同じ距離を異なる単位で表現することを、算数では単位変換として学びます。

1mは何センチ?

それでは本題に入りましょう。単位変換を理解するために重要なのは次の3点です。

1km=1000m
1m=100cm
1cm=10mm

これらは基本的なポイントですので、しっかりと覚えましょう。

表にすると次のようになります。

10.10.010.001
km1km0.1km0.01km0.001km
m1000m100m10m1m
cm100000 cm10000 cm1000 cm100 cm
mm1000000 mm100000 mm10000 mm1000 mm

この表を用いて、各単位間の変換を簡単に行うことができます。例えば、0.001の列を見ると、「0.001 km = 1 m = 100 cm = 1000 mm」という関係がわかります。

この表を使えば、単位変換が容易になります。

例えば、「5kmは何cmか?」という質問があった時、

一番左の列を見ると「1km=1000m=100000cm=1000000mm」となるので、

5km=1km×5=100000cm×5=500000cm

と答えることができます。

表を覚える際は、全てを一度に覚えるのは難しいので、最初に覚えやすい列を1つ選んで、それを基に10倍、100倍、1000倍、あるいはその逆を行って他の列の数字を導き出す練習をしてみましょう。

単位変換(距離)の問題演習

それでは、実際に単位変換の演習を進めていきましょう。

問題①

以下の距離を、括弧内の単位で表してください。

(1)100m(km)
(2)0.37km(m)
(3) 56mm(m)

(1)100mを「km」に変換すると、単位変換表によれば「100m=0.1km」となります。

よって、答えは「0.1km」です。

答え 0.1km

(2)0.37kmを「m」に変換する場合、0.37km=0.01km×37となるので、

単位変換表によれば0.37km=10m×37=370mとなります。

よって、答えは「370m」です。

答え 370m

(3)56mmを「m」に変換する場合、56mm=1mm×56となるので、

単位変換表によれば56mm=0.001m×56=0.056mとなります。

よって、答えは「0.056m」です。

答え 0.056m

問題②

以下の距離を、括弧内の単位で表してください。

(1)2800cm(m)
(2)5.9m(cm)
(3)8cm4mm(cm)

(1)2800cmを「m」に変換する場合、2800cm=100cm×28となり、

単位変換表によれば2800cm=1m×28=28mとなります。

よって、答えは「28m」です。

答え 28m

(2)5.9mを「cm」に変換する場合、5.9m=0.1m×59となり、

単位変換表によれば5.9m=10cm×59=590cmとなります。

よって、答えは「590cm」です。

答え 590cm

(3)8cm4mmを「cm」に変換する場合、

単位変換表によれば4mm=1mm×4=0.1cm×4=0.4cmとなるので、

8cm4mm=8.4cmとなります。

答え 8.4cm

メートルって何?わかりやすく解説!

ここまでメートルを中心とした単位変換の方法、問題をいくつかご紹介してきました。

でも、そもそもどうしてわたしたちは長さを測る時に「メートル」を使っているのでしょうか?

ここからは「メートルとは何か?」という基本的なぎもんをわかりやすくお伝えしていきます。

メートルの由来

まずは「メートル」という単位について学びましょう。

「メートル」ってよく聞きますよね。健康診断で「身長140センチメートルです」とか運動会で「50メートル走」とか。

この「メートル」はどこから来たのか知っていますか?

実は、メートルはフランスで生まれました。1795年に「メートル法」という新しい計測方法が作られたとき、メートルも一緒に生まれました。その当時、世界中でいろんな長さの測り方があって、みんなが困っていたんです。そこで、「地球の長さを基準にしよう」という考えが生まれ、地球の北極から赤道までの距離の1億分の1を「メートル」と名付けました。

メートルの意味

「メートル」はギリシャ語の「metron」から来ています。これは「測るもの」という意味です。つまり、メートルは「長さを測るための基準」というわけです。

メートルの使い方

メートルは長さを測る時によく使います。学校の運動場やプール、部屋の大きさなど、いろいろなところでメートルを使って測っています。例えば、学校の運動場が「100メートル」だったら、それは地球の1億分の1の長さが100個分あるってことですね!

メートルは他の単位とも仲良くしています。1メートルは100センチメートル(cm)で、1000ミリメートル(mm)です。もっと大きい単位では、1000メートルで1キロメートル(km)になります。このように、メートルを基準にして、いろいろな長さを測ることができるんです。

では、メートルを使って、あなたの周りのものを測ってみましょう。どれくらいの長さか、メートルで考えてみると、世界がもっと広く感じられるかもしれませんね!楽しいメートル探検、はじめてみましょう!


メートルには単位変換(cm, kmなど)がなぜ必要?

どうしてメートルには単位変換、つまりセンチメートル(cm)、キロメートル(km)などが必要なのかを学んでいきましょう。

メートル単位の基本

まず、メートル(m)は長さを測る基本的な単位です。メートルは、さまざまなものの長さを測るのにちょうど良いサイズです。でも、すべてのものをメートルだけで測るのは難しいのです。

さまざまな大きさに対応するため

例えば、教室の長さを測るときはメートルが便利ですが、針の長さを測るのにメートルを使うと不便ですよね。

1mもの長さの針はありません。だから、より小さな単位が必要です。ここで登場するのが「センチメートル(cm)」や「ミリメートル(mm)」です。これらはメートルより小さくて、小さいものを測るのに適しています。

また、非常に長い距離を測るとき、例えば都市間の距離などは、メートルだけでは数が大きくなりすぎて不便です。そこで、「キロメートル(km)」が使われます。1キロメートルは1000メートルですから、長い距離も簡単に表すことができます。

単位変換の便利さ

単位変換は、異なるサイズのものを測るためにとても便利です。小さいものから大きいものまで、適切な単位を使って測れるので、日常生活や科学の世界で非常に重要です。

世界共通の理解

メートルとその他の単位(cm, mm, km)を使うことで、世界中の人々が同じ基準で物の大きさを理解し、共有することができます。これは、国際的なコミュニケーションや科学技術の進歩において非常に重要な役割を果たしています。

メートルやその他の単位を使って、私たちはさまざまな大きさや距離を測り、理解することができます。


まとめ: メートルと単位変換の大切さ

今日、私たちは「メートル」という基本単位と、それを変換する理由について学びました。メートルは、日常生活や科学の世界で物の長さを測るための基本的な単位です。しかし、すべての物をメートルだけで測るのは不便です。それが、センチメートル(cm)、ミリメートル(mm)、キロメートル(km)などの異なる単位が必要な理由です。

  • センチメートルとミリメートルは、メートルより小さな単位で、細かいものや小さいものを正確に測るのに適しています。
  • キロメートルは、メートルより大きな単位で、広い地域や長い距離を簡単に表すのに役立ちます。

単位変換を行うことで、さまざまな大きさの物を効率的かつ正確に測ることができます。また、これらの単位を通じて、世界中の人々が同じ基準で物の大きさを共有できるようになり、国際的なコミュニケーションや科学技術の発展に貢献しています。

このように、メートルとその他の単位は、私たちが周囲の世界を測定し、理解する上で非常に重要な役割を果たしているのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次