コンビニで保冷剤は売っている?保冷剤の代用品になるアイテムと活用法をご紹介

  • URLをコピーしました!

コンビニで保冷剤って買えるのかな?

急遽、保冷剤が必要!ってなったときに思い浮かぶのはコンビニ。

コンビニで保冷剤を手に入れることができるか、また、代替品は何かについて考えてみましょう。

保冷剤が急遽必要になったら、24時間営業のコンビニが思い浮かぶのではないでしょうか?コンビニで保冷剤を手に入れることは可能なのでしょうか?

まずは答えとして、残念ながらコンビニでは保冷剤は販売されていないことがほとんどです。どのコンビニに行っても保冷剤は売っていないと考えても問題ありません。

しかし、コンビニ以外で保冷剤を手に入れる方法もいくつかあります。その代用品や保冷状態を維持する方法についても説明しますので、最後までご覧ください。

目次

コンビニで保冷剤は販売されているのでしょうか?

コンビニはとても便利な場所です。そのため「何でも手に入る」といった先入観が働いてしまうこともあります。しかし残念ながら、コンビニでは保冷剤は販売されていないのが一般的です。

特定のコンビニだけでなく、ほとんどのコンビニでは保冷剤の取り扱いはありません。

コンビニで保冷剤が販売されていないことを考慮して、別の方法で保冷剤を入手することをわたしたちは考える必要があります。

コンビニ以外で保冷剤はどこで手に入るのか?

それではコンビニ以外の場所ではどこで保冷剤を購入することができるのでしょうか?

幸いにも、日本ではコンビニ以外で保冷剤を手に入れるいくつかの方法があります。これからは日本で保冷剤を手に入れるためのいくつかの選択肢をご紹介します。

ドラッグストア

一部のドラッグストアでは保冷剤が販売されています。夏季に限らず、通年で入手可能です。ドラッグストアで販売されている保冷剤の種類には手のひらサイズや大型タイプが含まれています。

スーパーマーケット

スーパーマーケットも一部で保冷剤を取り扱っています。夏季に売られることが多いですが、スーパーマーケットによって異なります。手のひらサイズや大型の保冷剤が販売されています。

バラエティショップ

ドン・キホーテやロフトなどのバラエティショップでは、多くの種類の保冷剤が販売されています。キャラクターや可愛らしいデザインのものもあります。

ホームセンター

ホームセンターではアウトドアでの利用に適した強力な保冷剤も販売されています。

100円ショップ

100円ショップでは手のひらサイズの保冷剤が豊富にあります。可愛らしいデザインやキャラクターものの保冷剤も多く販売されています。

これらの場所で保冷剤を手に入れることができます。特に100円ショップは手軽に手に入れられる場所の1つです。

スポーツ用品店

様々なスポーツ用品を取り扱っているスポーツショップでは

ほぼ確実にアイシング用の保冷剤が多く置いてあります。

スポーツショップに売られている保冷剤のタイプとしては手のひらサイズタイプ、大型タイプ、足や腕などのアイシング用タイプといったものがあります。

ここからは保冷剤の代替品や保冷状態を維持する方法についてご紹介しましょう。

保冷剤の代わりになるアイテム

保冷剤がどうしても手に入らない。近くにはコンビニ以外の店舗がない。そんな時に使える保冷剤の代用アイテムに関するアイディアをご紹介していきます。

代替品1: 凍らせたペットボトル飲料

コンビニでは保冷剤が売っていないため、その他の店舗での保冷剤の購入先をご紹介してきました。

しかしここで最大の問題があります。それは「保冷剤は凍った状態で売っていない」ことがほとんどだということです。

すぐに保冷剤を使いたい!ってときは?

コンビニで販売されている「凍らせたペットボトル飲料」は保冷剤の代用としてすぐに利用できる優れものです。凍らせたペットボトル飲料は保冷剤代わりに使用できます。

クーラーボックスに凍らせたペットボトル飲料を入れて持参する人もいます。飲み物が溶けた場合でも、そのまま飲むことができるため、無駄がありません。コンビニが利用できないという時に保冷剤が必要になった場合でも、家にペットボトル飲料があれば代替品として利用できます。

コンビニは通常24時間営業しているため、凍らせたペットボトル飲料を購入するのも簡単です。

代替品2: 氷

コンビニで購入可能な代替品として、氷を使用できます。

ただし、氷は溶けると水になるため注意が必要です。ビニール袋などに入れて使用することをおすすめします。また、一部のスーパーマーケットでは保冷が必要な商品を購入するときに無料の氷を提供していることもあります。ただし、この氷は通常の食用氷とは異なり、飲食には適していません。

保冷状態を長時間持たせる方法

保冷剤の保冷状態を長時間維持するための方法をここからはご紹介していきましょう。

保冷剤を多く使用

非常にシンプルな方法にはなりますが、同時に使用する保冷剤を増やすことで冷却効果を長時間維持できます。

保冷剤1つをクーラーボックスに入れておくよりは、保冷剤の数がより多い方が1つ1つの保冷剤は溶けにくくなります。

そのためには保冷剤を豊富に用意しておくことをおすすめします。

保冷容器を冷やす

保冷剤は冷却効果を持つものですが、冷えることはできません。そのため、保冷容器を事前に冷やしておけば、保冷剤の効果を最大限に引き出すことができます。

保冷バッグなどの保冷効果のある入れ物を使用

保冷バッグなどの保冷効果のある入れ物を使用することで、冷気が外に逃げにくくなります。これにより、保冷剤の効果を強化できます。

直射日光や暖かい場所を避ける:

保冷剤の効果は周囲の温度に左右されるため、直射日光や暖かい場所に置かないようにしましょう。保冷状態を長時間維持するために、涼しい場所に保冷剤を置くことが重要です。

まとめ

コンビニで保冷剤を手に入れることができるかについて考察してきました。急に保冷剤が必要になった場合、24時間営業のコンビニが頼りですが、果たしてコンビニで保冷剤を入手できるのでしょうか?

まず、答えとして、残念ながら一般的にコンビニでは保冷剤は販売されていません。どのコンビニに行っても保冷剤は手に入れることが難しいでしょう。

しかしながら、コンビニ以外で保冷剤を入手する方法がいくつか存在します。また、保冷剤の代用品や保冷状態を維持する方法についても検討しましょう。

コンビニ以外での保冷剤入手先にはドラッグストア、スーパーマーケット、バラエティショップ、ホームセンター、100円ショップ、スポーツ用品店などがあります。それぞれの場所で手に入る保冷剤の種類や特徴が異なります。

保冷剤の代替品として、凍らせたペットボトル飲料や氷を使用する方法が紹介しました。凍らせたペットボトル飲料は、急な必要性に対応できる代用品としてコンビニで手に入れることができ、クーラーボックスに入れて使用することができます。氷はコンビニで入手可能で、飲食物の保冷に使用できます。ただし、氷は溶けると水になるため、ビニール袋に入れて使用することが推奨します。

保冷状態を長時間持続させる方法として、保冷剤を多く使用する、保冷容器を冷やす、保冷バッグや保冷効果のある入れ物を使用する、直射日光や暖かい場所を避けることが挙げられています。これらの方法を組み合わせて、食品や飲料の保冷状態を最適に維持できるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次