秋の虫たちの鳴き声:コオロギの鳴き声からスズムシの鳴き声から虫の種類を解説します

  • URLをコピーしました!

秋になると聞こえる虫の声。
心地良いけど「なんの虫?」って思います。

秋の虫の鳴き声から虫の種類がわかるといいですよね。

季節の訪れは、自然界の音楽によっても伝えられます。

特に秋になると、夜空に虫たちの鳴き声が響き渡り、それが「秋がやってきたなぁ」と感じさせてくれます。

今回の記事では、秋の虫たちの鳴き声とその特徴について、詳しく探ってみましょう。コオロギの美しい鳴き声から始まり、他の秋の虫たちの鳴き声にも焦点を当てます。

秋の虫の代表的な鳴き声
鳴き声(擬音)虫の種類聴ける時期
「コロコロコロ…」コオロギ8〜11月
「リーン、リーン」スズムシ8〜10月
「ギィーッチョン」キリギリス7〜9月
「ルルルルル」カンタン夏の終わりから晩秋
「ピリリリ」マツムシ9〜11月

秋の虫の鳴き声から虫の種類、時期と共に、鳴き声を聞くことができるYouTube動画も掲載していますので、実際にどのように聞こえるのか?ぜひ楽しんでみてください。

目次

コオロギの鳴き声は?

秋の夜、コオロギが鳴き始めると、秋の訪れを感じることができます。コオロギの鳴き声は、その特徴的な「コロコロ」という擬音で表現されます。この鳴き声を聞くと、秋の夜の風景が浮かび上がってきます。ただし、コオロギ以外の虫たちも秋の夜に美しい鳴き声を奏でており、それぞれが独自の擬音で表現されます。

コオロギの美しい鳴き声は、「コロコロコロ…」と表現され、一般的にはこの擬音が使われます。

しかし、時には「リリリリ」や「キチキチキチ」とも表現されることがあります。コオロギの種類によっても鳴き声が異なりますが、どの擬音も正解です。それにもかかわらず、最も一般的には「コロコロ」が使われています。

コオロギが泣くのは雄だけ

コオロギは成虫の雄だけが「コロコロ」と鳴きます。この鳴き声は、メスへの求愛や敵との領土争いの際に使用されます。そして驚くべきことに、コオロギ同士のコミュニケーションにも鳴き声が活用されています。

ただし、この鳴き声は、コオロギが実際に声を出しているわけではありません。、2枚のギザギザした羽をこすり合わせることで音を発しているのです。鳴いているコオロギをよく観察すると、羽を小刻みに動かしていることがわかります。

コオロギの鳴き声の季節は?

コオロギの鳴き声が聞こえる時期は、5月に卵から孵化してから8月に成虫になるまでの期間です。

幼虫の時期には、羽が未発達で鳴き声を上手に発することができませんが、成虫になると、羽がしっかり成長し、美しい鳴き声を奏でます。その後、2〜3ヶ月ほどで寿命を迎えるため、コオロギの鳴き声を楽しむことができる季節は限られています。

具体的には、8月から11月にかけて、特に涼しい夕方から夜にかけて鳴きます。面白いことに、寿命が終わりに近づくと、コオロギの羽は摩耗し、ぼろぼろになっていることもあるのです。そのため、生涯の最後をかけてコロコロと鳴いている姿を見ることができます。

秋の虫たちの鳴き声

コオロギ以外にも、秋の虫たちは美しい鳴き声を持っていますので、コオロギ以外の秋の虫たちの鳴き声をご紹介していきましょう。

秋の虫の擬音を知っておけば「あの鳴き声は、〇〇だ!」と簡単に分かるようになりますよ。

スズムシの鳴き声

スズムシは「リーン、リーン」という涼しい音を鳴かせ、オスは2枚の丸い羽をこすり合わせてメスにアピールします。メスがいない場合は、「リーリーリー」という異なる鳴き声を発します。スズムシは8〜10月にかけて、涼しい夕方から夜に鳴きます。

キリギリスの鳴き声

キリギリスは、5〜6cmのバッタ目の虫で、他のバッタとの違いは触覚と足が非常に長いことです。彼らの鳴き声は「ギィーッチョン」と表現され、7〜9月になると鳴き始めます。この時期になると、昼でもよく鳴いており、その鳴き声は時に騒音問題に発展することもあります。

カンタンの鳴き声

カンタンは、静かで単調な「ルルルルル」という鳴き声が特徴です。体サイズは1.5cm程度で、透明な羽を持つため、他の虫と比較して見つけにくいことがあります。この虫もオスが羽をこすり合わせて鳴きますが、非常に神経質であり、他の虫が近づくと鳴き声をやめてしまうこともあります。鳴く時期は夏の終わりから晩秋です。

マツムシの鳴き声

マツムシは2〜4cm程度の小さな虫で、薄茶色をしています。彼らの鳴き声は、童謡「虫のこえ」でも「チンチロリン」と歌われていますが、実際にはもう少し高く「ピリリリ」という音がします。かつて、スズムシとマツムシは逆の名前で呼ばれていたことがあります。マツムシは9〜11月に鳴き始め、その高い音が美しい秋の夜に響き渡ります。

まとめ

今回は秋の夜に聞こえてくる秋の虫たちの鳴き声をまとめました。

秋の虫の代表的な鳴き声
鳴き声(擬音)虫の種類聴ける時期
「コロコロコロ…」コオロギ8〜11月
「リーン、リーン」スズムシ8〜10月
「ギィーッチョン」キリギリス7〜9月
「ルルルルル」カンタン夏の終わりから晩秋
「ピリリリ」マツムシ9〜11月

これらの虫たちの鳴き声は、秋の夜に彩りを加え、季節の変化を感じさせてくれます。虫の鳴き声を通じて、自然界の美しさに耳を徾け、秋の訪れを楽しんでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次