肌色の作り方!3つの絵の具で自分の理想の肌色を手に入れよう!

  • URLをコピーしました!

人物を描く時の「肌色」がいつもうまく表現できないんですよね

絵を描いたり、工作をしたりする際に人物を描いたり表現する際には必要となるがの「肌色」の塗りつぶしではないでしょうか。しかし、手元に肌色の絵の具がないこともありますし、持っている絵の具が理想の肌色に合わないこともあります。

そういった場合、どうすれば理想的な「肌色」を表現できるようになるのでしょうか?

今回は、実はとても簡単にできる、絵の具を使った肌色の作り方をご紹介します。さらに、細かい色の調整方法もお伝えしますので、肌色を表現したい方はぜひ参考にしてください。

目次

肌色を作るために必要な絵の具3つ

まず、肌色を作るために必要なのは、3つの絵の具。それは「赤・黄・白」です。

基本の肌色の作り方は、以下の通りです。

日本人の基本の肌色

赤と黄を混ぜてオレンジ色を作ります。
そのオレンジ色に白を加えて、肌の色合いを調整します。
このときの分量は一般的に、「赤1:黄1:白4」となります。

なぜなら、日本人の肌は黄色味が強いため、黄色が肌色作成に必要です。赤をわずかに加えることで、健康的な血色感を与え、さらに白を混ぜることで肌の明るさを調整できます。

この基本の分量で肌色を作り、その後自分の好みに合わせて絵の具を追加して調整することができます。この方法をマスターすれば、理想の肌色を手に入れることができます。

また、肌色を作るための別の組み合わせも紹介します。これらはよりリアルな肌色を表現するのに役立ちます。

応用編① 赤・黄・青

人間の肌には青が混ざっているため、この組み合わせを使用すると透明感のある肌色を作成できます。赤と黄のベースに青を混ぜることで、色白な肌色を再現できます。白を使う代わりに水を加えることで色調の調整が可能です。

応用編② 茶・白・赤

より濃い肌色を作成したい場合、茶色を使用します。茶と白を混ぜてベースの色を作り、そこに赤を加えることで、よりリアルな肌色を表現できます。水を使用すると、透明感を出すのに役立ちます。

さまざまな肌色を表現できるため、絵の具の組み合わせを試して、自分の理想の肌色を実珸してみましょう。

「混色」と「重色」

肌色の表現には、「混色」と「重色」という2つの方法があります。混色は事前に絵の具を混ぜて新しい色を作ります。一方、重色はいくつかの色を紙に重ねて塗り、色を作り出します。混色は比較的軽やかで軽い印象の絵を描くのに適しており、重色は立体感とニュアンスを強調するのに役立ちます。選ぶ方法は、描きたい絵の雰囲気や表現に合わせて選ぶことが重要です。

重色を使用して肌色を作る場合、以下の基本的な方法に従うと役立ちます。

光の当たり具合に合わせて紙の白色を残しましょう。
影には青色や紫色を塗ります。
光の当たる部分には黄色を塗ります。
血色のよい部分には赤色を塗ります。
画像全体を確認し、足りない部分に色を追加して調整します。
この方法に従って、肌色の色合いだけでなく、光や影、反射など、絵の具を重ねて表現したい要素を調整できます。

もし混色や重色が難しいと感じる場合、肌色に近い絵の具を購入することもできます。一例として、「ぺんてる」の「ペールオレンジ」と「サクラクレパス」の「うすだいだい」があります。これらは以前「はだいろ」と呼ばれていた絵の具と同じ色です。また、透明水彩絵の具の「ホルペイン」の「ジョーンブリヤン」も肌色に近いと言われており、異なるメーカーからも同じ名前の色が販売されています。自分の好みやプロジェクトに合った肌色の絵の具を選びましょう。自分の使っているメーカーの絵の具にも肌色があるかどうかを調べるために、メーカー名の後に「肌色」と付けて検索してみることもおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次