黒トンボのスピリチュアルな意味と黒いトンボの特徴

  • URLをコピーしました!

普段は見ない黒トンボを見ました。何か意味があるのかな?

普段はあまり見ることのない虫を見た時、私たちはスピリチュアルな意味やメッセージがあるのではないかとかんがえてしまうことがあります。

特に、黒いトンボのような普段はあまり見かけることが変わった虫に出会ったとき、それが何か特別なメッセージを運んでいるのではないかと感じることがあるでしょう。

普段の生活では、もしかするとあまり見ることのない「黒トンボ」。

その名前や特徴からスピリチュアルな意味や夢占いの意味を含めて詳しく紹介します。

目次

黒いトンボの名前や種類は?

あなたが見た黒いトンボは以下の動画(YouTube)で撮影されているようなトンボでしょうか?

それあれば、動画でも解説されていますがおそらく「ハグロトンボ」ではないかと思われます。

この虫は、その名前の通り、トンボの仲間です。ハグロトンボは、カワトンボ科に属し、別名「ホソホソトンボ」とも呼ばれます。

この真っ黒なトンボは、主に東アジアや北米に生息し、日本では本州、四国、九州、および屋久島などで見られる一般的なトンボです。

黒いトンボは「トンボだと思わない」と感じてしまう人のは、ハグロトンボの特徴が他のトンボとは違っていることが影響していると考えられます。ここからは黒いトンボ(ハグロトンボ)の特徴をご紹介していきます。

特徴1: ゆっくりと蝶のように飛ぶ

通常、トンボは高速で飛行し、時折ホバリング(空中で静止)する特徴があります。しかし、ハグロトンボは、蝶のようにゆったりと羽ばたくため、通常のトンボとは異なる印象を持たせます。

特徴2: ゆっくりと羽が開閉

通常のトンボは止まるときに4枚の羽を開いた状態にしますが、ハグロトンボは蝶のように羽をゆっくりと開閉します。

特徴3: 真っ黒で不透明な羽

黒いトンボの最も顕著な特徴は、その真っ黒な羽の色です。一方、通常のトンボは透明な羽に模様(斑紋)があることが一般的であり、そのためハグロトンボの全身が真っ黒で不透明な羽が、特に目立つのです。

黒いトンボの外見の特徴 黒いトンボは、体長が約6〜7センチ、羽の長さが約3.5〜4.5センチと、トンボとしては比較的大きな種類です。

この虫はオスとメスで外見に違いがあるため、以下でそれぞれの特徴を説明します。

オスの黒トンボ

ハグロトンボのオスは、グリーンでメタリックな光沢のある胴体を持ち、オスとメスを区別する際のポイントです。他の部分、例えば羽や頭、足などは真っ黒であるため、真っ黒なトンボと認識することでしょう。

メスの黒トンボ

ハグロトンボのメスは、胴体が濃い茶色から黒に近い色をしており、全身が真っ黒なトンボとの違いを見分けるのに役立ちます。メスはオスよりわずかに大きいと言われていますが、その差はほんのわずかです。

黒いトンボの出現時期と縁起

黒いトンボ、具体的にはハグロトンボの成虫は、5月から10月までの期間に観察することができます。このトンボは、蝶のように舞う飛び方が特徴的で、幼虫は6月から7月ごろに水辺の植物などで羽化し、成虫になります。

特に、7月後半から8月ごろにかけて、多くのハグロトンボが観察され、お盆の時期がピークです。

黒いトンボの出現場所は、主に次の2つ

黒いトンボが出現する主な2つの場所をご紹介します。

木々が茂った暗い森や林の中

ハグロトンボは、水辺で羽化し、幼少期には薄暗い場所を好む傾向があります。したがって、木々に覆われた森林内などで黒いトンボを見かけた場合、それは幼い個体である可能性が高いでしょう。

日当たりの良い、穏やかな流れの川の近く

成熟したハグロトンボは、明るい水辺に戻り、草や石などにとまり、縄張りを形成し、交尾の準備をします。交尾後、メスは水中植物に卵を産み付け、新たな生命を育てる役割を果たします。

黒いトンボは幸運?不運?

日本では黒が不吉な色とされることがありますが、黒いトンボは不吉なものではありません。実際に、黒いトンボには「神様トンボ」という別名があり、特別な存在とみなされてきました。これは、以下の2つの理由に基づいています。

  1. 黒いトンボが草の上に止まる際の羽の動きが手を合わせる形に似ているから
  2. 黒いトンボは他トンボに比べると動きが遅い。そのため子供たちが無駄に捕まえずに命を大切にするように教えるため。

黒いトンボ動きが遅く、その飛び方は時に優雅なものとして印象づけられます。神秘的な生き物として尊敬の念が抱かれてきたことがわかります。さらに、一部の地域ではお盆の時期になると、ご先祖様がトンボに乗って帰ってくると信じられており、特にハグロトンボはその信仰に関連する存在とされています。

スピリチュアルからみた黒トンボ

スピリチュアルな観点から見ると、トンボは勝利や幸運の象徴とされています。

これはトンボ全般に関連しており、特に古代の日本では「勝ち虫」と呼ばれ、武将の鎧や兜にもそのシンボルが使用され、前向きな勝利の象徴とされました。トンボは前進する姿勢で飛び、決して後戻りしないことから、勝利の象徴とされました。戦国時代には、トンボを見ることが戦いの前触れと信じられ、縁起の良い生き物として重要視されました。

また、スピリチュアルな視点では、トンボは大きな変化の前触れとされています。これは、トンボが水中で幼虫期を経て羽化し、成虫に変わる生命の変化に関連付けられています。この変化へのスピリチュアルな解釈は、幸運や勝利への変化と結びついています。

さらに、黒はスピリチュアルな世界で未知、神秘、無意識を象徴する色とされています。黒は光の不在を表し、白(誕生)の対極に位置します。このため、黒は未知や未開の領域、また未知の才能や潜在能力を象徴する色とみなされています。

スピリチュアルな観点から、黒いトンボは大きな変化を受け入れ、未知の領域に向かって勇気を持って前進する重要性を示唆しています。新たな挑戦に臆せず、変化を受け入れて前進するプロセスを重視するとされています。

夢占いの観点からは、黒いトンボの夢の意味は夢の内容や個人の心理的な印象に依存します。不快な夢の場合、運勢の下降や仕事、健康、恋愛に関する問題の前兆と解釈されることがあります。この場合、用心深く行動し、身の回りに気を配ることが大切です。

一方、楽しい夢の場合、未知の分野で新たな可能性や変化が訪れる前兆と考えられます。このような夢は、将来の希望や成長を象徴するものとして解釈されます。

まとめ

虫の名前や外見が、時には私たちにスピリチュアルな意味やメッセージをもたらすことがあります。特に、黒いトンボのような普段はあまり見かけることがない虫に出会ったとき、それが何か特別なメッセージを運んでいるのではないかと感じることがあります。

今回の記事では、黒いトンボについて、その名前や特徴からスピリチュアルな意味や夢占いの意味を含めて詳しく紹介します。

黒いトンボ、ハグロトンボは、日本や他の地域で見られる一般的なトンボの一種です。その特徴は通常のトンボとは異なり、蝶のように飛び、全身が真っ黒で光沢のある胴体を持つことが挙げられます。

黒いトンボはスピリチュアルな意味として勝利や幸運の象徴とされ、大きな変化の予兆をもたらすものと考えられています。また、黒は未知や神秘、無意識を象徴する色とされ、新たな可能性や才能を示唆します。

夢占いの観点からは、黒いトンボの夢の意味は夢の内容と心理的な印象に依存し、嫌な夢の場合は運勢の下降やトラブルの予兆とされ、楽しい夢の場合は未知の分野での新たな可能性や変化の予兆と解釈されます。黒いトンボは、大きな変化に対する前向きなアプローチと、未知の可能性に向けた勇気を促す象徴とされています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次