鑑賞と観賞の意味の違いは?違いを知るための具体的な事例で解説

  • URLをコピーしました!

芸術を鑑賞する?

花を観賞する?

鑑賞と観賞

言葉が似ていて使い分けが難しいことはありませんか?

2つの言葉の違い。理解が進むまで、私も何度も調べてみました。実際にどちらを使えばいいのかわからなくなってしまうこともあります。

そこで今回の記事では、「鑑賞と観賞」の意味の違いをテーマにして、これらの言葉の違いや使い方についてご紹介をしていきます。

目次

鑑賞と観賞の意味の違いは?

まず、鑑賞と観賞についての意味をみてみましょう。​

鑑賞とは?

鑑賞は芸術作品など、人が作り出したものを味わって理解し、内容の優劣を見極めて深く理解することを指します。例えば、映画やピアノ演奏、歌舞伎などを「鑑賞」します。​

観賞とは?

これは美しいものなどを見て楽しむことを指します。例えば、桜や月を見る行為を「観賞」といいます。

要するに、鑑賞は人が作り出したものを味わい、理解し、評価する行為であり、観賞は単に美しいものを見て楽しむことということになります。

意味が変わることも?

「観賞」は自然なものを見る行為を指しますが、ここに人の手が加わると「鑑賞」に変わることがあります。

例えば、自然に咲いている花を見て楽しむ場合、「観賞」と言います。しかし、同じ花に手を加え、盆栽や生け花、フラワーアレンジメントにすると、これは芸術性を帯びてくるため「鑑賞」と表現されるようになります。

このように、手の加わり方によって意味が変わることがあります。

ただし、実際の使用では人それぞれ異なる解釈があり得ます。

例えば、手入れされた鉢植えの花も、見る者の視点によっては「鑑賞」の対象となることも考えられます。したがって、これらの言葉は定義があるものの、人によって微妙な違いがあるかもしれません。

決定的な違いを見極めるポイント

もしも「鑑賞と観賞?」の違いの使い分けに迷った際、選択の手がかりとして、対象の芸術性に注目してみてください。景色や風景といったものとは異なり、芸術作品などは何らかの狙いや意図を込めて制作されています。このため、単に目や耳で感じ取るだけでなく、その意図を理解しようと努力するか、評価する必要があります。芸術作品に関しては、このような理解を深めようとする行為を指して「鑑賞」と表現します。

一方、芸術性がそれほど高くなく、単純に目で楽しむ要素が強い場合、通常は「観賞」という表現を選びます。芸術作品以外で、対象物について「見る」というよりは「理解する」や「評価する」といったニュアンスが強い場合、通例的に「鑑賞」を用い、それ以外の場合は「観賞」を使うことで、使い分けがより簡単になります。

音楽、映画や舞台はどちら?

音楽、映画、舞台、テレビ、景色など、様々なものを楽しむ方法について、それぞれの使い方を検討してみましょう。

音楽

音楽は通常、「鑑賞」の言葉で表現されます。音楽は視覚ではなく、耳で楽しむものであり、その芸術性や制作者の意図を理解し、その価値を評価することがあります。音楽の楽しみ方にはコンサートが含まれますが、基本的には音楽を聴いて楽しむ行為ですので、「鑑賞」という言葉が適しています。

映画や舞台

映画や舞台も通常、「鑑賞」の言葉で表現されます。これらの芸術作品はしばしば高い芸術性を持ち、作品に込められた意味を理解しながら楽しむことが一般的です。ただし、作品の性格に応じて「観賞」の言葉を使用することもあります。例えば、コメディや喜劇の作品では、作品の意味を探求するのではなく、そのままの出来事を楽しむ側面が強いため、「観賞」という言葉が用いられることがあります。一方で、ミュージカルなど高度な芸術性を持つ作品に関しては、通常「鑑賞」と言えます。

テレビ番組

通常、テレビは「観賞」と表現されます。テレビは情報提供など多くの役割を果たしていますが、通常は視覚的な視聴を意味する「観賞」という言葉が一般的です。

景色

景色についても通常は「観賞」と言います。景色自体は何らかの意図を含んでいるわけではなく、そのままの姿を楽しむものですので、「観賞」が適切です。ただし、同じ景色でも、人の手によって整えられ、芸術的な風景になっている場合は「鑑賞」に該当します。例えば、人が造った庭園などが芸術性が高いため、「鑑賞」という表現が使用されます。植物についても、自然の状態をそのまま楽しむ場合は「観賞」ですが、盆栽やフラワーアレンジメントなどの芸術作品になると、「鑑賞」が使用されます。

ただし、具体的な「観賞」と「鑑賞」の使い分けは状況や個人によって異なることがあり、厳密な定義が難しい場合もあります。どのように対象を捉えるかは個人の見解に依存するため、通常の使用法を確認することも大切です。

普段の生活の意識を変える

「鑑賞と観賞?」どっちでもいいよ。と、簡単に扱うこともできます。

でも、普段の生活の何気ない言葉遣い、言葉の選び方を意識することによって見えている景色や考え方に大きな影響をあたえることがあります。

「鑑賞と観賞」皆さんはどちらの言葉をよく使うでしょうか?

これらの違いを理解していれば、より適切な表現ができ、より深いコミュニケーションができるようになっていくのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次