異動する上司や同僚、後輩へ相手を不快にさせないメッセージ。心温まる言葉の文例集

  • URLをコピーしました!

上司の異動に贈る最適なメッセージ文例はありますか?

異動のシーズンになってきましたね。

会社で働く中で、大切な上司、先輩、同僚、または部下が異動することがあります。

このような時に、感謝や別れのメッセージを送ることは一般的です。しかし、実際にメッセージを書く際には、何を書いたら良いか迷うことがよくあります。

今回の記事では、異動する人々へ送ることができるさまざまな例文を、関係性に応じて紹介します。さらに、印象的な一言を加えることで、相手に喜ばれるメッセージを作成することができます。日頃の感謝を表すと同時に、励ましの言葉を伝えることで、異動する人々に良い印象を与えることができます。メールだけでなく、プレゼントを添えることで、より深い印象を残すことが可能です。

目次

異動メッセージとは何か

異動メッセージの具体的な内容を知る前に、異動メッセージがどのようなものかを理解することが重要です。この理解を深めることにより、相手の心に響くメッセージを選ぶことができます。異動メッセージの意義や、「移動」との違いについても説明します。

異動メッセージとは何?

異動メッセージとは、異動する人に向けて送るメッセージのことを指します。

通常、異動する人には直接挨拶をするのがマナーですが、時には仕事やタイミングの都合で直接会えないこともあるのではないでしょうか。そういった場合には、メッセージを通じて感謝や敬意を表します。社会人として、異動する人に対して適切なメッセージを送ることは基本的なマナーです。

「異動」と「移動」の違い

「異動」と「移動」は似ていますが、意味には違いがあります。

支社に移動する

職務条件や役職の変更がない

支社に異動する

職務条件や役職が変わる

言葉だけ聞くと、これらの違いは分かりにくいですが、「○○さんが異動する」という情報を得た場合、それが「異動」なのか「移動」なのかを正確に理解することが重要です。また、メッセージを書く際には、これらの違いに注意を払う必要があります。

上司への異動お祝いメッセージ例

異動する上司に贈るメッセージは、適切な内容と言葉選びが重要です。不快感を与えず、尊敬と感謝の気持ちを伝えるためには、適切なマナーを把握し、適した内容を選ぶことが大切です。

ここでは、上司への異動祝いのメッセージに使える文例を紹介します。

上司への異動祝い

上司への異動祝いメッセージでは、これまでの感謝の気持ちを込めることが肝心です。敬意を示しつつ、上司の新しい職場での成功を願いましょう。 親しい上司宛 もし親しい上司に送る場合は、仕事でのアドバイスやサポートへの感謝を表すと良いでしょう。

上司が信頼できる人物であれば、個人的なエピソードを交えたメッセージが適切です。親しみやすい内容で、上司が笑顔になるようなメッセージを書きましょう。

文例1

○○課長、○○(異動先の部署名)への昇進、心よりお祝い申し上げます。 私のような未熟な部下を、いつも丁寧に導いてくださり、感謝しています。課長のおかげでプレゼンテーションスキルが向上し、自信を持って業務に臨めるようになりました。 新しい職場でも益々のご活躍を祈っています。これまで本当にありがとうございました。

文例2


○○課長、○○(異動先の部署名)へのご昇進、おめでとうございます。 課長と過ごした時間は、私にとって大きな学びで満ちていました。 課長からの貴重なアドバイスは、これからも大切にしていきます。 またこちらにいらっしゃる機会があれば、ぜひご一報ください。一緒に飲みに行きましょう! 課長のご健康と今後のご成功を心よりお祈りしています。これまでありがとうございました。

会社の異動

接点の少ない上司への異動祝いメッセージ

少ない交流のあった上司にも、異動の際にはメッセージを送ることが礼儀です。特に深いエピソードがなくても、感謝の意を込めたシンプルなメッセージで十分です。

文例1


○○課長、□□(異動先の部署名)へのご昇進、おめでとうございます。 ご指導に心から感謝申し上げます。新しい部署でのご活躍を願っております。

文例2


○○課長、□□(異動先の部署名)へのご昇進、おめでとうございます。 期間は短かったですが、学んだことを忘れずにいます。 次にお会いできる機会があれば、ぜひ××課にお立ち寄りください。 新しい部署での成功をお祈りしています。

寄せ書きなどで異動祝いメッセージ

寄せ書きでは、短く簡潔にメッセージを書くのが良いです。親しい上司には気軽な言葉が適しています。

親しい上司宛

一緒に働けて楽しかったです。
〇〇課長のおかげで成長できました。ありがとうございます!

親しくない上司宛

これまでお世話になりました。新しい部署でのご活躍をお祈りします。

先輩社員へのメッセージ

先輩社員が異動する際も、感謝とお礼は欠かせません。将来再び共働する可能性もあるため、丁寧な文面が推奨されます。親しい先輩とそれほど親しくない先輩へのメッセージ例を紹介します。

親しい先輩宛

親しい先輩へは、硬すぎないフランクな文体が好まれます。


○○先輩、長い間お世話になりました。 営業の基礎を学ばせていただき、感謝しています。先輩の笑顔と顧客対応を見習い、自分も努力します。 新しい職場でのご成功を願っています。またご一緒できる日を楽しみにしています!

○○先輩、今までありがとうございました。 いつも後輩のことを気にかけ、プロジェクトを進める姿に感謝しています。 次にお会いする際は、ぜひお声がけください。今度は私たちがおもてなしします。 新しい部署でのご活躍を期待しています。

あまり親しくない先輩への異動メッセージ

親しくない先輩にメッセージを送る際は、具体的な共有エピソードが少ないことが一般的です。メッセージはシンプルで温かみのある内容が適切ですが、過度にフォーマルにならないよう注意が必要です。相手に距離感を感じさせないように配慮しましょう。


〇〇先輩 残念ながら、先輩とは多くを語り合う機会がありませんでした。 先輩の資料作成はいつも細部にわたる配慮が感じられ、私も学びたいと思っていました。 将来、再度ご一緒する機会があれば、ぜひ深くお話しできればと思います。 △△でのご成功をお祈りしています。


○○先輩 異なるチームにいながらも、先輩の誠実な仕事ぶりに感心しておりました。 先輩のようになるため、私も努力を重ねます。 △△での新たな挑戦に、心からのエールを送ります。

寄せ書きなどのメッセージ

寄せ書きにおいても、親しみやすい文面を心がけましょう。親しくない場合でも、堅苦しいメッセージは避けるのが良いです。

○○先輩、これまでの指導に感謝しています。新しい部署でのご活躍を願っています! 親しくない先輩宛 これまでありがとうございました。新しい職場でのご成功を祈っています。

同僚への異動お祝いメッセージ

同僚に送るメッセージは、上司や先輩へのものよりも気軽な調子で大丈夫です。一緒に仕事をしてきた仲間への感謝や今後の成功への応援がよいでしょう。

親しい同僚宛

親しい同僚へは、友人のような親密さでメッセージを送ります。個人的なエピソードがあれば、それを取り入れるのも良いです。


○○へ 同期として一緒に働けたことは、本当に楽しかった。イベントでの思い出は忘れられないものです。 部署は変わっても、また連絡し合いましょう。

○○へ あなたのおかげで、私も頑張ることができました。 新しい部署でも頑張ってください。また会える日を楽しみにしています。次に会う時は、美味しいお店を教えてほしいな!お互いにこれからも頑張りましょう。

    あまり親しくない同僚への異動メッセージ

    あまり親しくない同僚に送るメッセージは、気取らず親しみやすい文体で書くのが適切です。単純な別れの言葉で感謝の気持ちを表すのが良いでしょう。

    
○○へ これまでの共同作業に感謝します。 △△への異動でも、変わらずに元気いっぱいの○○でいてくださいね。 今後も頑張って、体調にも気をつけてください。

    ○○へ ○○の迅速かつ正確な仕事ぶりにはいつも感銘を受けていました。 新しい職場でも、その素晴らしい働きぶりを発揮してください。 またの再会を楽しみにしています。

    同僚への寄せ書きなど

    同僚への寄せ書きでは、気軽な内容が望ましいです。特に同期間の場合、よりリラックスした文体で書くことが可能です。

    親しい同僚

    □□への異動、頑張ってください!次に休みの時、遊びに行きたいので案内してね!

    親しくない同僚

    一緒に働いた時間は楽しかったです!新しい場所でも頑張ってくださいね。

    後輩への異動祝いメッセージ

    異動する後輩には、仕事の頑張りを認める言葉や今後の成功を願うメッセージが効果的です。新しい環境への不安を軽減するために「困ったら連絡して」という言葉を添えると、後輩は安心感を得るでしょう。

    親しい後輩へのメッセージ

    親しい後輩には、仕事中のポジティブな特徴を称えるメッセージが良いです。やわらかい表現を用いると、相手にとって心に響くメッセージになります。

    ○○さん(くん) いつもの明るい挨拶がなくなると寂しいです。 新しい職場でもその笑顔を大切にしてくださいね。 これまでの時間、本当に楽しかったです。困ったらいつでも連絡してくれてOKですよ。

    
○○さん(くん) いつも信頼してくれてありがとう。 ○○さんの丁寧な資料作成は大変助かりました。 新しい職場での活躍を心から応援しています。何かあれば遠慮なく連絡ください。

    親しくない後輩へのメッセージ

    あまり親しくない後輩には、前向きなエールを送るのが良いでしょう。 簡潔なメッセージでも、先輩としての配慮を感じてもらえるはずです。

    
○○さん(くん) 共に働けて良かったです。 新しい部署でも、今まで通りの元気な姿で頑張ってくださいね。 体には気をつけて。

    ○○さん(くん) 直接の交流は少なかったですが、あなたの仕事ぶりには注目していました。 新しい場所でも、その能力を発揮し、周囲を引っ張っていってください。健康にも注意してね。

    後輩への寄せ書きなど

    後輩への寄せ書きでは、「これからもがんばれ」というポジティブなエールを込めましょう。簡潔な表現で心のこもった言葉を伝えるのがベストです。

    親しい後輩宛

    一緒に仕事ができて楽しかったです。新しい職場でも頑張ってください!また会える日を楽しみにしていますね!

    親しくない後輩宛

    ○○さん(くん)、新しい道での幸運を祈っています。がんばれ!

    異動メッセージのワンポイントアドバイス

    異動が決まった人は多くのメッセージを受け取ることでしょう。特に親しくしたり、お世話になった人には、記憶に残るようなメッセージを送りたいものです。

    偉人の言葉を引用する

    「何か特別な言葉を加えたい」と考えている場合には、歴史上の偉人たちの名言を参考にするのも一つの方法です。

    クレア・ブース・ルースの言葉

    「過去を振り返り敬意を示し、未来には全力で立ち向かえ」

    これは、劇作家、編集者、米国下院議員、米国駐イタリア大使として活躍したクレア・ブース・ルースの言葉です。 彼女はフェミニズムの先駆者であり、優れた演説家としても知られています。彼女のこの言葉は、新しい環境へ進む人を奮い立たせるのに最適です。

    ウィンストン・チャーチルの名言

    「決して屈するな、決して、決して!」

    イギリスの首相ウィンストン・チャーチルのこの名言は、彼の特徴的な話術を反映しています。 新しい挑戦に直面する人には、このような力強い言葉が励みになるかもしれません。

    ジョン・ウッデンの言葉

    「できることに集中し、行動しよう」

    アメリカのバスケットボール界を代表するジョン・ウッデンの言葉です。 彼はカリフォルニア大学ロサンゼルス校のバスケットボール部を10回全米チャンピオンに導き、複数回の最優秀コーチ賞を受賞しました。 新しい部署での挑戦に直面する人には、「自分のできることに集中すること」を伝えるこのメッセージが適しています。

    異動メッセージの注意点

    異動メッセージは自由に書くことができますが、社会人としてのエチケットを守ることが大切です。 受け取る人が不快に思わないように、内容や言葉選びには気を配りましょう。 異動メッセージを書く際の留意点を以下に紹介します。

    異動前日より前にメッセージを送る

    異動予定の人にメッセージを送る際は、異動日より2~3日前を目安にします。通常、受け取った異動メッセージには返信が期待されるため、直前のタイミングでは返信が困難になることがあります。異動準備や業務の引き継ぎで忙しい時期を考慮し、余裕を持って送るのが適切です。

    不吉な言葉の使用は避ける

    異動や栄転の際のメッセージでは、縁起の悪い言葉を避けることが大切です。以下のような言葉は、異動メッセージには不適切です。

    不適切な言葉の例
    • 苦しむ
    • 倒れる
    • 滅びる
    • 枯れる
    • 失う
    • 焼ける
    • 衰える

    これらの言葉は避けるようにしましょう。また、「もう会えないかもしれませんが…」などの表現も避けましょう。異動メッセージは基本的に祝福のメッセージであるため、送信前に言葉選びを丁寧に行ってください。

    相手が不快に思う内容は控える

    異動メッセージでは、相手が不快に感じる可能性のある内容は書かないことが重要です。親しい間柄であっても、以下のような内容は避けるべきです。

    相手が不快に思う内容の例
    • 恨み言
    • 秘密の暴露
    • 固有のジョーク
    • 過去の失敗

    たとえ冗談のつもりでも、これらの内容は避けるべきです。「自分が受け取ったらどう感じるか」を考え、不適切な内容は含めないようにしましょう。

    まとめ 異動祝いのメッセージ送り方のガイドライン

    今回も最後までご覧になっていただきありがとうございました。最後に今回の記事をまとめとしてポイントをご紹介していきます。

    1. 異動前日より前にメッセージを送る

    異動する人へのメッセージは、異動日の2~3日前までに送ることが望ましいです。異動メッセージには通常、返信が期待されるため、相手に返信の余裕を与えるためにも、直前での送信は避けましょう。特に異動準備や引継ぎに忙しい時期を考慮し、相手に十分な時間を確保することが大切です。

    2. 不吉な言葉の使用は避ける

    異動や栄転の際のメッセージでは、縁起の悪い言葉の使用を避けるべきです。例えば、「苦しむ」「倒れる」「滅びる」などの言葉は避け、ポジティブな言葉を選ぶことが重要です。また、「もう会えないかもしれませんが…」などの表現も好ましくありません。異動メッセージは基本的に祝福のメッセージであるため、送信前に言葉選びを丁寧に行ってください。

    3. 相手が不快に思う内容は控える

    異動メッセージでは、相手が不快に感じる可能性のある内容を避けることが肝要です。親しい間柄であっても、恨み言、秘密の暴露、固有のジョーク、過去の失敗などは避けるべき内容です。たとえ冗談のつもりでも、これらの内容は受け手にとって不快になる可能性があります。「自分が受け取ったらどう感じるか」を考慮し、不適切な内容は含めないようにしましょう。

    まとめ

    異動メッセージを送る際は、異動日の2~3日前までに送る、不吉な言葉を避ける、相手が不快に感じる内容を避ける、という三つの基本的なガイドラインに注意することが重要です。これらを守ることで、相手にとって心温まる、そして印象的なメッセージを送ることができます。異動は人のキャリアの大切な節目です。相手に敬意を表し、新たなスタートを祝福するメッセージを心を込めて送りましょう。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
    また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
    Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

    目次