餞別(せんべつ)の意味は?餞別の金額相場・贈り方のマナー・定番プレゼントを紹介!

  • URLをコピーしました!

退職される方への「餞別」で大切なポイントはありますか?

適切な贈り方があるのでご紹介していきますね。

退職時の餞別についてマナーや贈り方、金額などで困ったことはないでしょうか?

職場の方が退職される際に、どのような餞別が適切かは重要なポイントです。今回の記事では、退職者に贈る「餞別」の基本的な意味から、餞別の相場やマナーについて詳しく解説します。

今回の記事でわかること
  • 「餞別」の意味
  • 餞別を贈るタイミング
  • 餞別の適切な金額
  • 餞別に適切なギフト
  • 餞別を贈る際のマナー
目次

餞別(せんべつ)の意味

餞別(せんべつ)は、離れる人・旅立つ人への別れの金銭や品物が該当します

この慣習は、離れていく人への感謝と新しいスタートへの祝福の意を込めたものです。

現在の日本では特に、転勤や退職時によく贈られます。他にも、引越しや留学の際に贈ることがあります。

一般的には金銭の贈与が一般的ですが、物品を贈ることもあります。

「餞別」と「はなむけ」の違い

「餞別」とは別に、「はなむけ」という言葉もあります。

「はなむけ」は、旅立つ人を馬で見送る古い風習に由来します。これは、出発する人に贈る金品や詩歌という意味を持ちます。

この習慣から派生して、「鼻向け」が「はなむけ」となり、「餞」の字と結びついたのです。

品物を贈る際には、「手向け」「送別品」「記念品」などの言い方も使われます。

しかし、熨斗の表書きには「御餞別」や「御贐」とするのが一般的です。

また、企業内での昇進や退職の場合には「御祝」や「御礼」と表記することもあります。

具体的な表現は状況に応じて、同僚やギフトショップのスタッフと相談して決定するのが良いでしょう。

餞別を贈るタイミング

餞別を贈る際に迷うのが渡すタイミングです。職場や相手の状況によって変わりますが、どのようなタイミングで餞別を贈るのがいいのか迷ってしまった時の参考にしてみてください。

一般的なタイミング

餞別を贈る一般的なタイミングは、退職が決定した後、あるいは辞令が出てから1〜2週間以内です。

退職が確定する前に贈ると、相手に誤解を与える恐れがあります。会社や部署で特別な機会を設けることが多いですが、個別に贈ることも選択できます。

職場で直接渡す場合

退職日当日に贈るのは、相手の手荷物を増やす恐れがあるため避けたほうが良いでしょう。餞別を直接渡す場合、他の同僚がいるときに渡すと気まずくなる可能性があるため、注意が必要です。仕事が終わる夕方や帰り道など、落ち着いた状況で贈ると良いでしょう。

送別会で渡す場合

送別会で餞別を渡すときは、食事が落ち着いたタイミングが適切です。お酒が進むと渡す機会を逃すかもしれません。職場全員で贈る場合は、送別会で個人的に贈るのは避け、別の機会にすることが推奨されます。

自宅に送る場合

自宅に送る際は、退職や引っ越し後の1〜2週間以内に送ります。退職祝いの表書きは「御礼」、水引は紅白の「蝶結び」が一般的です。郵送する際は、直接手渡しできないことを謝罪する手紙を同封し、相手を気遣うことが大切です。

あわせて読みたい
異動する上司や同僚、後輩へ相手を不快にさせないメッセージ。心温まる言葉の文例集 上司の異動に贈る最適なメッセージ文例はありますか? 異動のシーズンになってきましたね。 会社で働く中で、大切な上司、先輩、同僚、または部下が異動することがあり...

退職の際の適切な餞別金額

退職者の地位によって異なる場合もありますが、一般的には3,000円から5,000円が餞別の適正な金額とされています。集団で贈る際は、個々の貢献として1,000円から3,000円を目安にすると適切です。

多くの場合、同僚や親しい人たちが送別会を開催し、その会を餞別とすることもあります。餞別は礼を言う習慣がないため、贈り物は控えめにして、相手に負担をかけないように気をつけましょう。

餞別として人気のギフト

通常、餞別には現金が基本ですが、最近では記念品として物を贈る傾向が見られます。以下に、餞別としてよく選ばれる定番のギフトを紹介します。

寄せ書きアルバム

金額を気にせずに贈れるアイテムです。それぞれの贈る人が感謝の言葉を書き込むことで、記憶が形になります。

花束

特別な日や祝い事に適した花束は、記憶を残すためにも素晴らしい選択です。長持ちするプリザーブドフラワーもおすすめです。

お菓子セット

お菓子は年齢や性別に関係なく喜ばれるギフトです。退職者の好みに合わせて、洋菓子や和菓子を選んでみてはどうでしょうか。

ギフトカード・商品券

使用期限のないギフトカードや商品券もおすすめです。特に上司など目上の人への贈り物には、選びやすいという利点があります。QUOカードは、使用場所やタイミングを受取人が自由に選べるため、餞別のギフトとして人気があります。

餞別に不適切なギフトの例

「餞別」として現金ではなく、ギフト・贈り物を考えている場合、一般的な不適切とされているものがありますのでご紹介をしていきます。年齢や地域性もあるとは思いますが、相手に合わせて喜ばれるギフトを贈りたいものです。

下着類

退職祝いとして下着や肌着は避けるべきです。これらは「経済的な困窮への援助」と解釈されがちで、退職のお祝いには不向きとされています。

靴類と敷物

日常生活でよく使われる靴やスリッパ、マットは喜ばれそうですが、実は「相手を踏みつける」というネガティブな意味合いを持つため、餞別には不向きです。特に目上の人への贈り物としては避けるべきです。

ハンカチ

ハンカチは一般的な贈り物ですが、「手切れ」という言葉と発音が似ているため、餞別としては避けた方が無難です。特に、退職後も関係を維持したい場合は適さないギフトとされます。

櫛は見た目にも美しいギフトですが、「苦」や「死」という言葉と音が似ているため、餞別としては避けた方が良いです。同様の理由で、「く」と「し」の文字が入るアイテムも不向きとされています。

お茶

お茶はお葬式などでの「香典返し」や「哀悼の場」でよく用いられるため、餞別としては避けることが推奨されています。個人の好みが分かれるため、贈る前には相手の好みを確認することが重要です。

文房具

高級文房具は一般的に喜ばれますが、退職祝いとしては「これからも努力を続けろ」というメッセージと受け取られる恐れがあるため、特に目上の人や定年退職する人への贈り物には不向きです。

ビジネス用品

ビジネス関連のアイテムは、後輩や部下へは適切な餞別かもしれませんが、定年退職する人には「仕事を続けろ」と解釈される恐れがあるため、避けた方が良いでしょう。

現金

現金は「経済的な援助が必要」と解釈される恐れがあるため、特に目上の人への餞別としては不適切とされることが多いです。上司などへの退職祝いには他のギフトを選ぶ方が良いでしょう。

刃物や割れ物

刃物は「縁を切る」、割れ物は「関係が壊れる」という意味合いがあるため、餞別として避けるべきです。特別なリクエストがある場合を除き、これらのアイテムは贈らない方が良いです。

餞別

のし袋の表書きと水引について

ギフト・プレゼントや金銭を贈る時には、ラッピングや封筒に「のし」を付けることが礼儀とされています。

「のし袋」には、「表書き」を記入したり、装飾的な「水引」を施したりするなど、様々な伝統的な習慣が存在します。のし袋には、適切な表書きと水引を選ぶことが重要です。

表書きの書き方

表書きは、慶事や弔事に使用する袋に書く文字のことを指します。一般的には、上段に目的に応じた言葉(例:「御祝」、「御礼」)を書き、下段には贈り主の名前を記載します。表書きは上段より小さい文字で書くのがマナーです。

退職祝いの表書きと水引の選び方

退職の際の祝いには、表書きや水引をどのように選ぶべきでしょうか。退職の理由は人それぞれ異なるため、その理由に合わせて選ぶことが大切です。

表書きは「御礼」を推奨

表書きには多くのバリエーションがありますが、「御礼」は退職のすべての場合に適しています。

「御餞別」は目上の方への贈り物としては不適切な場合があるので注意が必要です。

「御祝」は状況に応じて

「御祝」は定年退職の際には適切ですが、中途退職などの場合には不適切となることがあります。退職理由が不明な場合は、「御礼」や「感謝」などの言葉を選びましょう。

転職や独立には「おはなむけ」

転職や独立など、新たなステップに進む退職では、「おはなむけ」が良い選択です。これは、新たな道への願いを込めた言葉です。

水引の基本は「蝶結び」

水引には「蝶結び」「あわじ結び」「結びきり」などの種類があります。退職祝いでは、紅白の蝶結びが一般的です。

結婚退職には特別な水引を

結婚を理由とする退職には、「あわじ結び」や「結びきり」の水引が適しています。これらは一度結ぶと解けにくく、結婚の一生一度の意味合いを表しています。

定年退職にも「蝶結び」

定年退職には「蝶結び」の水引を用いて問題ありません。これは新たな人生の始まりを祝福し、応援する意味が込められています。

まとめ:餞別と退職祝いに関するマナー

退職や転職は、個人の人生において重要な節目です。これを祝う餞別や退職祝いには、様々なマナーが関わってきます。ここでは、贈り物の選び方や包装方法、表書きや水引の選択に至るまで、細かなポイントを解説しました。

餞別の金額と品物

一般的に3,000円から5,000円が相場とされていますが、贈る相手や状況に応じて調整が必要です。また、寄せ書きや花束、お菓子セットなどの具体的な贈り物例を挙げ、これらがどういった場合に適しているかについても触れました。

不適切な贈り物

下着や靴、ハンカチ、櫛など、退職祝いとして不適切なアイテムについても解説しました。これらの品物がどうして避けるべきか、その文化的な背景や意味合いも考慮して説明しました。

のし袋と水引の選び方

贈り物の外観も大切なポイントです。のし袋の選び方、表書きの書き方、そして様々な種類の水引について詳しく説明し、それぞれのシチュエーションに応じた適切な選択肢を提案しました。

この記事を通じて、退職や転職などのお祝いに関する文化的マナーを理解し、適切な方法で感謝の気持ちを表現するためのヒントを得ることができるでしょう。これらの知識は、日本の文化において、相手への敬意を示すために不可欠です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次