switchbot危険性はあるのか?自宅を簡単にスマート化できるSwitchBot徹底調査!

  • URLをコピーしました!

「SwitchBot」があると便利になるよ!と勧められたのですが、どんな商品なのでしょうか?

家の中をスマート化する便利なアイテムですが注意点もあるのでご紹介しますね。

家庭用のデジタルデバイスについてご存じでしょうか?

家電や照明などをインターネットに接続し、スマートフォンやAIアシスタントを通じてコントロールできるデバイスのことです。

スマートフォンと機能連携ができる家電を「スマート家電」と言います。
スマートフォンに専用アプリをインストールすることで、スマートフォンをリモコン代わりにして家電や照明が操作できるようになったり、家電の運転状況やデータをスマートフォンで管理・確認したり出来るようになる仕組みです。

家電がネットでつながることで、暮らしをよりスマートで快適なものにする。それがスマート家電です。

そんなデバイスの中で、多くの人が愛用し注目されているトップブランドが“SwitchBot”です。

SwitchBotとは?

SwitchBotは、家電や照明のみならず、鍵やカーテンなどをスマート化し、リモート操作や他のデバイスとの連携を可能にする製品です。

SwitchBot
Amazonより

しかし、家の中のものがオンラインで繋がっていることやリモート操作が可能になることは、少し気になりますよね?

この記事では、SwitchBotの製造国、製造会社、安全性についての調査結果をご紹介します。おすすめ商品も紹介しますので、ぜひ参考にしてください

この記事でわかること
  • SwitchBotの製造国
  • SwitchBotを製造する会社の詳細
  • SwitchBotの安全性
  • SwitchBotのメリットオススメの商品
目次

SwitchBotはどこの国で製造されている?

SwitchBotは、2015年に“Woan Technology”として中国深圳市で設立され、現在は日本を含む複数の国に拠点を持つスマートホーム関連企業です。この会社は香港、アメリカ、シンガポールにも子会社を展開しています。

公式サイト(woan.com)より抜粋した会社概要 Woan Technologyでは、2015年に設立された国家ハイテク企業で、研究開発、生産、販売を一体化した広東省の新興企業であることがわかります。本社は日本の東京と中国の深圳にあり、香港、米国、シンガポールに完全子会社を構えています。
*woan.com(SwitchBotの中国向けサイト)の翻訳引用

広東省の深圳は、多くのIT関連スタートアップ企業を輩出してきた「中国のシリコンバレー」として知られています。現在「SwitchBot」は100カ国以上で展開され、数百万人のユーザーに利用されているグローバル企業で、世界中のいくつかのサイトでAmazonカテゴリーのベストセラーに選ばれた実績があります。

でも、SwitchBotの安全性に問題はないのでしょうか?

SwitchBotの安全性

SwitchBotの安全性に関する調査結果をご紹介します。

結果からお伝えすると、中国で創業されたメーカーであるSwitchBotに特別な危険性は認められいてません。実際、日本を含む世界100カ国以上で数百万人のユーザーがSwitchBotを信頼して使用しています。

ただし、SwitchBot製品が電化製品でするので、自動化に伴う使用上の注意点が存在するのは事実です。

ここからはSwitchBotの安全に利用するために注意しておきたいポイントをまとめてご紹介していきます。

自動化に伴う使用上の注意点

SwitchBotは様々な家庭用電化製品を自動化する機能を持っていますが、電熱機器(電気ストーブなど)への使用は推奨されていません。これは、無人で稼働した際の過熱による火災リスクがあるためです。また、通信障害や遠隔操作が不能になるリスクも考慮して、使用する電化製品を慎重に選ぶことが大切です。

通信に関連する安全対策

SwitchBot製品はスマートフォンを介してWi-FiやBluetoothで操作されます。そのため、医療機器や自動制御機器の近くでの使用は避けるべきです。これらの機器にSwitchBotからの電波が干渉し、誤作動を引き起こす可能性があります。

セキュリティ面の対策

セキュリティに関しては、全ての国やメーカーに共通するリスクが存在します。ハッキングのリスクは完全には排除できませんが、定期的なパスワード変更、簡単に推測できるパスワードの避免、ソフトウェアの最新化などの基本的な対策によりリスクを軽減できます。SwitchBotも強固な暗号化技術とセキュリティ対策を施していますが、ユーザーとしての最低限の対策も重要です。

SwitchBotセキュリティ

以上の点を踏まえ、スマートホーム製品としてのSwitchBotは、取扱説明書に従い適切に使用すれば、基本的には安全と言えます。注意点を理解した上での使用ならば、SwitchBotは日常生活を便利にする素晴らしい製品です。次のセクションでは、SwitchBotのメリットをさらに詳しく探っていきます。

SwitchBot製品のメリットを徹底解説

SwitchBot製品のメリットは、既存の家電をスマート化し、アプリ一つで操作可能にすること、そして新製品が続々と登場する点にあります。以下で詳細に解説します。

家電を簡単にスマート化

SwitchBotの最大のメリットの一つは、既に家にある家電や壁のスイッチを簡単にスマート化できることです。例えば、SwitchBotボットを使用すると、スイッチやボタンに取り付けるだけで、スマートフォンやAIスピーカーで操作可能になります。

SwitchBotボットの活用例
  • 照明の壁スイッチに取り付け、声で操作する。
  • お風呂の湯沸かしボタンに取り付け、外出先から湯船を沸かす。
  • 扇風機のボタンに取り付け、スマートフォンで操作する。

また、SwitchBotハブミニやSwitchBotハブ2を利用すると、赤外線リモコン付きの機器もスマート化できます。SwitchBotプラグミニはコンセントに挟むだけで、家電の電源をアプリで操作可能にし、カーテンや玄関の鍵もスマート化できます。これらの製品は後付けタイプで、高コストをかけずに家全体をスマート化できる利点があります。

一つのアプリで全デバイスを管理

SwitchBotのもう一つの大きなメリットは、一つのアプリで全てのデバイスを操作できることです。これにより、リモコンを探す手間や家電を操作するために移動する必要がなくなり、日常生活が格段に便利になります。また、アプリ内でデバイス同士を連携させ、自動化することで、さらに便利な生活が実現します。

SwitchBot連携の活用例
  • 朝に自動でエアコンを起動し、カーテンを開け、ケトルでお湯を沸かす。
  • AIスピーカーに「行ってきます」と伝えると、電気とエアコンを消し、ロボット掃除機が稼働する。
  • 家の鍵を開けると、電気が点灯し、お風呂の湯が沸き始める。

これらの例から、SwitchBot製品を使用することで、より快適で効率的な生活が可能になることがわかります。SwitchBot製品によるスマートホーム化をぜひ体験してみてください。

SwitchBotの革新的なおすすめ製品紹介

SwitchBotのメリットの一つとして、継続的にリリースされる革新的な新商品が挙げられます。

スマートホーム市場は拡大を続けており、日々新しい技術や製品が登場しています。SwitchBotも、既存製品と連携可能な便利な新商品を次々と発表しています。

ここからは、おすすめしたいSwitchBot製品を紹介します。

SwitchBotスマートロック

商品概要

  • 工事不要でドアに取り付け可能。
  • 8つの方法(アプリ、音声操作、NFCタグなど)で施錠・解錠可能。
  • 指紋認証パッドと連携でより便利。
  • 遠隔操作でいつでもどこでも操作可能。 おすすめ対象者:
  • 鍵の取り出しが面倒な人。
  • 外出が多い人。
  • 鍵を紛失しやすい人。

SwitchBotロボット掃除機S1/S1 plus

商品概要

  • 高精度マッピングと2700Paの吸引力。
  • 吸引と水拭きの2-in-1機能。
  • 自動ゴミ収集ベースで70日間ゴミ捨て不要。 おすすめ対象者:
  • 初めてロボット掃除機を購入する人。
  • 食べこぼしの掃除が多い家庭。
  • 外出が多い人。

SwitchBotHubミニ

商品概要

  • 赤外線リモコンを一つにまとめるコンパクトなスマートリモコン。
  • 家電とSwitchBot製品をインターネットに接続し、外出先から操作可能に。
  • AIスピーカーと連携して音声操作可能。
  • シーン機能で様々なデバイスと連携。 おすすめ対象者:
  • ネット接続したいSwitchBot製品を持つ人。
  • AIスピーカーを持つ人。
  • SwitchBot製品を活用したい人。

SwitchBotスマート電球

商品概要

  • スマホ/AIスピーカーで照明操作可能。
  • シーンに合わせて調光・調色可能。
  • 人感センサーと連携してオートライト化。 おすすめ対象者:
  • 家の照明を自動化したい人。
  • 照明の操作が面倒な人。
  • 調光や調色を楽しむ人。

SwitchBot人感センサー

商品概要

  • 配線不要の電池式で、どこでも設置可能。
  • 人の動きを検出してデバイスをON-OFF。
  • 人の動きを外出先で通知。 おすすめ対象者:
  • SwitchBotスマート電球を持つ人。
  • SwitchBotボットで照明操作をしている人。
  • 遠くに住む家族の安全を気にする人。

SwitchBotボット

商品概要

  • 物理スイッチに取り付けて、スマホ/AIスピーカーで操作可能に。
  • 簡単な取り付け方法(工事不要)。
  • 他デバイスとのシーン設定で連携可能。 おすすめ対象者:
  • 初めてSwitchBot製品を購入する人。
  • スマート化したい家電や照明がある人。

SwitchBot見守りカメラ 3MP

商品概要

  • 300万画素の高解像度。
  • 動体検知、自動追跡、音声警報アラート搭載。
  • 赤外線LEDライト付きで夜間もクリアな視界。
  • 外出先から映像確認可能。 おすすめ対象者:
  • 子どもやペットのいる家庭。
  • 防犯対策をしたい人。

その他のSwitchBotシリーズ商品

他にも以下のような製品があります。

Amazonで販売されている商品をご紹介しますので、気になるものがあればぜひチェックしてみてください。

SwitchBotは、日常生活を便利にする多種多様な製品を提供しており、これらの製品を通じてスマートホーム化を実現することができます。

まとめ

今回の記事では、SwitchBotの安全性、会社概要、そしてその多岐にわたるメリットについて掘り下げて調査しました。SwitchBotは100カ国以上で展開し、数百万人のユーザーに利用されているグローバル企業の製品です。

SwitchBotの主なメリット
  1. 既存の家電を簡単にスマート化できる。
  2. アプリを一つ使用して、さまざまなデバイスを操作できる。
  3. 新しい便利な製品が継続的にリリースされている。

SwitchBot製品は、家電を後からスマート化できる非常に便利なツールです。私自身もSwitchBotの使用によって、スマートフォンや声で家電を操作したり、外出中にエアコンやロボット掃除機を操作したり、遠隔地から鍵が閉まっているか確認できるようになり、生活が格段に便利になりました。

皆さんもSwitchBotの購入を検討し、スマートホーム化の利便性を体験してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次