「税金」作文の書き方。夏休みの宿題・課題を6つの例文を活用して簡単に書ける方法

  • URLをコピーしました!

「税金の作文」が課題にでました。でも、どう書けばいいのかわかりません。

「税金」をテーマにするのってムズカシイですよね。

夏休みの宿題として、小中学生にはよく「読書感想文」や「税金に関するエッセイ」、「人権に関するエッセイ」が与えられることがあります。

「読書感想文はまだ書けそうだけど、税や人権に関するエッセイは普段考えることが少ない」と感じて、作文を書くことに苦手意識を覚える人も多いかもしれません。

特に税金や人権は小・中学生にとっては自分とは関係のない遠いテーマに感じられるのではないでしょうか? 今回は、税金に関する作文の宿題や課題が出た時の書き方について説明します。 ご紹介する方法が夏休みや冬休みの宿題・課題の少しでもサポートになれば嬉しく思います。

記事の内容をより詳しく解説する電子書籍をAmazonにて発刊しています。より詳しく学びたい方、より多くの例文を読みたい方はKindle版の電子書籍をご覧ください。

中学生のための税金作文の書き方: 税金の基礎から、例文を応用した作文のコツを学ぶワークブック Kindle版

目次

税金に関する作文とは?

「税金」をテーマとして何を書けば良いのか?戸惑ってしまうのではないでしょうか?

多くの人が税金と聞いて、身近に思い浮かべるのは消費税でしょうか?

多くの学生にとって、税金は将来払うもので、今は関係ないと思っているかもしれません。 しかし、日常生活を注意深く見てみると、税に関連する話題が実はたくさんあることがわかります。

税金のシステムや税金に対する自分の考えを作文にまとめるのが良い方法でしょう。

税金に関する作文は何文字書くべきか?

通常、税に関する作文は800文字以上、1200文字以下で書く必要があります。課題によっては文字数が決められている場合もあると思いますので確認してみください。

「税金」という普段考えもしないテーマを1200文字も書くのは大変なことです。 しかし、必要な知識と方法を知れば、難しくないかもしれませんので、ぜひこのホームページの情報を参考にしてみてください。

税金とは何か?税金の種類は?

税金に関する作文を書く目的は、「税についての考えを深め、正しい理解を得る」ことにあります。 そのためには、税金にはどのような種類があるかを知ることが大切です。

日本には46種類の税金があります。

日本には多様な種類の税金が存在していて、全部で46種類あります。これらの税金は大きく分けて国税と地方税に分類されます。以下にこれらの税金をすべて列挙してみましょう。

国税

  1. 所得税
  2. 法人税
  3. 地方法人税
  4. 特別法人事業税
  5. 復興特別所得税
  6. 相続税・贈与税
  7. 登録免許税
  8. 印紙税
  9. 消費税
  10. 酒税
  11. たばこ税
  12. たばこ特別税
  13. 揮発油税
  14. 地方揮発油税
  15. 石油ガス税
  16. 航空機燃料税
  17. 石油石炭税
  18. 電源開発促進税
  19. 自動車重量税
  20. 国際観光旅客税
  21. 関税
  22. とん税
  23. 特別とん税

地方税

  1. 住民税
  2. 事業税
  3. 不動産取得税
  4. 固定資産税
  5. 特別土地保有税
  6. 法定外普通税
  7. 事業所税
  8. 都市計画税
  9. 水利地益税
  10. 共同施設税
  11. 宅地開発税 
  12. 国民健康保険税
  13. 法定外目的税
  14. 地方消費税
  15. 地方たばこ税
  16. ゴルフ場利用税 
  17. 軽油引取税 
  18. 自動車税(環境性能割・種別割)
  19. 軽自動車税(環境性能割・種別割)
  20. 鉱区税  
  21. 狩猟税
  22. 鉱産税
  23. 入湯税 

これらの税金は、各々の目的や使用される分野によって異なり、日本の税制を形成しています。

「え、そんなに?」と驚くかもしれないですが、 いくつかの代表的な税金を紹介していきましょう。

日本の税金

代表的な税金を解説

日本の税金すべてを把握する必要はないですし、作文を書くにあたっては代表的な税金についての知識を深めておくことが大切です。

消費税について

1度でも自分で買い物をしたことがある人は「消費税」を払ったことがあるのではないでしょうか?消費税は年齢に関係なくすべての人が支払う税金です。

消費税は、商品の販売やサービス提供時にかかる税金で、購入した人が支払う税金です。

医療、福祉、教育など特定の領域を除き、国内でのほとんどの商品やサービスに適用されています。この税率は10%または8%で、取引ごとに適用されています。

所得税について

所得税は、個人の収入、つまり「所得」に対して課される税金です。給与収入、事業収入、不動産からの収入など、所得の種類に応じて算出方法が異なります。

例えば、会社員の人が会社から毎月の給料を受け取りますが、全額が受け取れるわけではありません。その一部を税金「所得税」としては国に納めなければなりません。

法人税について

所得税は個人の収入に対する税金でしたが、法人税は、株式会社などの法人が企業活動で得た収益に対して課される税金です。法人は法的な人格を持ち、その収益に対して課税されます。

酒税について

大人が飲んでいる「お酒」にも税金がかかっています。酒税は、酒類に課される税金です。この税金は製造者や輸入者が支払いますが、消費者が最終的に負担する形になります。店頭での酒類価格にはこの税金が含まれた金額で販売されています。

住民税について

住民税は、県民税(都道府県税)と市民税(市区町村税)の二つから成り立っています。これらはそれぞれの地方自治体が課す税金です。

自動車税について

自動車を持っていると税金がかかります。自動車税は、4月1日時点で車検証に記載されている所有者や使用者に対して課される年間の税金です。

固定資産税について

固定資産税は、土地や建物などの固定資産を所有する人に対して課される税金です。

関税について

関税は輸入品に課される税金です。通常は輸入業者が税関に支払いますが、販売価格に関税が上乗せされるため、実質的には消費者が負担することになります。

税金の役割と重要性

子供だから「税金とは関係ないよ〜」と思われているかもしれませんが、実は私たちの日々の生活と「税金」を深い関わりがあります。

私たちが日々を快適に過ごすためには、道路、橋、公園、図書館のような公共施設や、警察による治安維持が不可欠です。しかし、これらの施設やサービスを個別に提供するのは現実的ではありません。 そこで、国や地方自治体が、個々の企業や個人には不可能なさまざまな公共サービスを提供しています。

これらを実現するためには莫大な資金が必要となり、この費用を社会全体で分担しているのが税金のシステムです。 税金がなければ、消防車や救急車などの必要なサービスが利用できなくなるかもしれません。税金の大切な役割を理解すると、その重要性がより明確になります。

税金の社会的な役割

税金は社会の中で重要な役割を果たしています。国や地方自治体の主要な収入源として、公共サービスや社会保障制度の維持と充実に不可欠です。

例えば、学校、道路、公園の整備、医療、年金、福祉などの制度は税金によって支えられています。 また、税金は財政の健全性を維持する上で重要です。税収によって財政赤字を減らし、国債などの借金増加を防ぐ役割を果たしています。 つまり、税金は社会の安定と繁栄を支えるために不可欠な要素です。

税金の使用目的

税金の具体的な使い道についても触れておきましょう。税金は以下のような用途に使われています。

  • 教育機関への教科書、パソコン、実験器具、体育用具の提供
  • 新たな研究や開発への投資
  • 学校や公園など公共施設の建設
  • ゴミ処理
  • 警察、消防、救急サービスの運営
  • 道路や橋の建設
  • 災害復旧費用
  • 社会保障(年金など)
  • 医療費の一部負担
  • 文化振興
  • 国会や地方議会の運営

国の歳出に目を向けると、収集された税金が主要な収入源として使用されています。歳出の大部分は「社会保障関係費」で、これには年金、医療、介護、子育て支援などが含まれます。次に多いのは「国債費」で、国の借金や利息の支払いに充てられます。3番目に多いのは「地方交付税交付金」で、地方自治体への支援がこれに当たります。

税金についての作文の「書き出し」

税金の基本的な種類、意義、使い道についての理解は深まったでしょうか?

それでは、最初に作文の書き出しについて考えてみましょう。

作文の良い書き出しは、日常生活での体験やニュースで耳にしたことからスタートし、そこから生じた疑問や考察へと進む方法です。

たとえば、これまで税金のことを意識したことがない人も、新たに経験したことを書くとリアリティ(本当のことのように思える)が生まれます。ニュースで知ったことも、新しい体験として取り上げることができるかもしれません。

そのような自分の経験から発想して、「自分はどう考えたのか?」「どんな疑問を持ったのか?」まで思考を広げるのが良いでしょう。

例えば、こんな書き出しはどうでしょうか?

「近年、日本の夏は猛暑が続いており、熱中症で病院に運ばれる人が増えている。最高気温の更新が頻繁になっている気がする。そう思うと、夏の救急車の出動も増えているのではないかと考える。そこで、救急車に関わる税金の使い道に興味を持った」 そして、以下のような疑問を展開することが考えられます。

  1. 熱中症が増えると救急車の費用が増えるか?
  2. 救急車の追加購入に必要な費用が増えるか?
  3. 救急隊員の増員にかかる費用が増えるか?

「熱中症と救急車」という身近なテーマから、さらに疑問を掘り下げれば、興味深い税金の作文になります。

税金の作文

税に関する作文の構成方法

それでは、作文全体の構成はどのようにすれば良いのか?全体が1200字ということを考えると、以下のような構成が適しています。

書き出しと具体的なエピソード

書き出しは、身近な出来事やニュースから始めてみましょう。約250字くらいで、自分の体験や感想を表現してみるのがいいでしょう。

実際に起こったこと、経験したことがあれば、より作文を書きやすくなります。

自分が考えたことや調べたこと

「書き出し」で書いた内容について、自分で考えたり、調べたりしたことを書いていきましょう。その際に「税金」とどのような関係性があるのかをイメージしておくのが良いでしょう。

考え方の変化や新たな疑問点

最初の書き出しのテーマについて自分で考えたり、調べたことによって「自分の考えがどのように変わったか」を考えます。または新たに生じた疑問点があれば書き出してみましょう。「具体的なエピソード」と合わせて約550字でまとめると良いでしょう。

まとめとしての税金の意義

あなたの考えがどのように変わったかを350字程度でまとめ、税金の本質的な意味や重要性についての理解を深めるよう書いてみましょう。

このアプローチを用いることで、「税金について考え、関心を持ち、正しく理解する」という作文の目的を達成できるはずです。

税金の作文<6つの例文>

ここからは税金の作文の例文をご紹介します。1つの参考として使っていただき、最終的にはご自身の文章にして作文を完成させてください。

病院と税金をテーマにした例文

身近な病院から発想をふくらませて、税金や社会保障の必要性を考える作文です。病院だけではなく、身近にある様々な社会保障に目を向けてみると発想が広がります。

書き出し・具体的なエピソード

私たちの日々の生活は様々なサービスに支えられていますが、それらの多くは税金によって賄われていることを最近深く理解するようになりました。 この気づきは、母が勤める病院での経験から始まりました。母は病院の管理部門で働いており、その話を通じて税金の役割について学びました。特に、病院運営に必要な資金の一部が税金から支給されていることを知りました。

調べたこと

この話を聞いて、税金が集められる仕組みや使われ方について詳しく調べました。 税金は、私たちの所得や購入した商品、サービスに対して、所得税や消費税といった形で徴収されます。これらの税収は、公共施設の整備や社会保障制度の運営に用いられます。例えば、学校、病院、公共交通機関の整備や、年金制度、医療制度などが税金によって支えられているのです。 また、税金の徴収方法は種類によって異なり、所得税は所得の多い人ほど高い税率が適用される一方で、消費税は購入時に一律の税率が課されます。

考えが変わった瞬間・まとめ

税金に関する調査を通じて、税金が私たちの生活や社会に果たす役割の大切さを実感しました。税金は、公共サービスや社会保障制度を維持し、豊かな生活を提供するために不可欠な存在です。 税金を支払うことは、私たちが社会に貢献している証であり、どのように使われているかを知ることで、より良い社会を築くための取り組みを理解することができます。自分も社会の一員として、税金の重要性を理解し、より良い社会の実現に貢献するために、勉学に励むことの大切さを改めて感じました。

家族での外食をテーマした例文

家族での外食の会計時に気づいた「消費税」から税金を発想した例文です。外食で例文を書いていますが、スーパーでの買い物、服を買う、友達とファーストフードなど様々な応用が可能です。

書き出し・具体的なエピソード

最近、家族で外食した際、会計時のレシートを見て消費税の額に驚きました。料金に消費税が加算されることは知っていましたが、具体的な金額を見て「税金なしで食事ができたらもっと安く済んだのに」と思いました。父に話すと、「昔は消費税がなかったからもっとお得に生活できた」と聞き、私は消費税の存在について興味を持ちました。

調べたこと

私は、日本で消費税がいつから始まったのか、そしてその理由について調べました。消費税が導入されたのは1989年で、当初は3%の税率から始まり、徐々に上がって現在は10%になっていることを知りました。消費税が導入された背景には、国民全体に税負担を公平に分散させるという目的があったということを学びました。また、当時の税制では所得税が中心であり、働く世代への負担が重くなっていた問題があったこともわかりました。

考えが変わった瞬間・まとめ

最初は「昔の方が消費税がなくて良かった」と思っていましたが、消費税の背景を知ることで、その考えが変わりました。消費税が導入されたことで、税負担が国民全体で公平に分けられるようになったこと、また、税制が時代と共に変化していく必要性を理解しました。今後は、税金がどのように使われているのか、その負担が公正かどうかを知ることが重要だと感じています。税金を納める一人として、自分も税に関する知識を深め、適切な負担と使い道について考えていきたいと思います。

税金の使われ方をテーマにした例文

あなたの普段の生活ではどのようなところに税金が使われているでしょうか?消費税などの支払う税金だけではなく、税金の使われ方に目を向けてみると世界の見え方が変わってくるかもしれません。

書き出し・具体的なエピソード

私の祖父は最近退職し、年金で生計を立てています。祖父と税金の話をしていると、「税金を払っても払っても、どこに使われているのか見えない」とよく不満を漏らします。この話を聞いて、祖父に税金の使い道について説明することで、彼の見方を変えることができた経験があります。

調べたこと

税金は、私たちの暮らしを支える公共サービスのために使われています。国では、道路や橋の建設、公共施設の維持、社会保障、教育など多岐にわたる分野で利用されています。地方自治体では、地域の清掃、防災対策、文化施設の運営、公園の整備など、地域に密接に関わる事業に使われます。税金がなければ、これらのサービスは提供されず、私たちの生活は大きく変わってしまうことを学びました。

考えが変わった瞬間・まとめ

税金の重要性について祖父に説明したとき、彼が「そういうことか」と理解してくれた瞬間、私は大きな喜びを感じました。この経験を通じて、私自身も税金の支払いが社会にとって意義深い行為であることを再認識しました。税金は、私たちが享受する多くのサービスを可能にするための必要な負担であり、私たち若い世代は、自分たちが支払う税金がどのように社会に貢献しているかをしっかりと理解し、その重要性を認識することが重要だと感じています。

自然保護や環境問題をテーマにした例文

豊かな自然がどのように守られ、維持されているのか?という疑問を出発点にして、環境保護と税金をテーマとした作文の事例です。

書き出し・具体的なエピソード

先日、家族で郊外の自然保護区へ遠足に出かけました。緑豊かな森、珍しい野鳥、清らかな川の流れに、私たちはすっかり魅了されました。家に帰ってから、「自然保護区」という場所がどのような意味を持っているのか、気になり始めました。普段都市部の公園で過ごすのとはどう違うのかという疑問がわいたのです。

調べたこと

自然保護区は、生物多様性の保護と自然景観の維持を目的として設置されています。政府や地方自治体が指定し、管理しています。自然保護区がどのようにして設立され、何のために存在するのかを調べました。世界で最初に設立された自然保護区は19世紀のアメリカで、日本でも20世紀に自然保護区が設定されました。これらの地域を維持・管理するためには、税金が重要な財源となっています。自然保護のために税金が使われているという事実は、私にとって新たな発見でした。また、自然保護区の維持には多くの課題があり、特に地方の人口減少が進む中で、どのように自然と共存していくかが問われていることも学びました。

考えが変わった瞬間・まとめ

自然保護区の壮大な景色に触れ、生態系について興味を持った私は、その美しさが税金によって守られていることを知り、感謝の気持ちを抱きました。税金の使い方を学び、地域の一員として自然保護に貢献できる方法を探求していくことが、今の私にできることだと感じています。

身近な公共サービスの利用をテーマにした例文

私たちの周りには税金によって運営されている公共のサービスがたくさんあります。身近な公共サービスを利用した体験をもとにして、税金について考えるきっかけになります。

書き出し・具体的なエピソード

昨日、地元の図書館で過ごした時間はとても貴重でした。壁一面の本に囲まれ、静かな環境で読書に没頭できるのは、本当に幸せな時間です。家に帰ってから、ふと「図書館ってどうやって運営されているんだろう?」と思いました。なぜ無料でこれほどのサービスを受けられるのか、疑問に思った私は、図書館の運営について調査することにしました。

調べたこと

図書館は主に地方自治体によって運営されていることがわかりました。その運営資金の多くは、私たちが払う税金から来ているとのことです。図書館は、知識と情報の公平なアクセスを提供し、教育と文化の発展に寄与しています。私の住む地域では、税金を使って子どもたちの読書促進プログラムや地域の歴史を保存するための資料収集が行われていることもわかりました。

考えが変わった瞬間・まとめ

図書館が税金で支えられていることを知り、私の中で税金に対する考え方が大きく変わりました。税金は単に義務ではなく、私たちの生活を豊かにするための重要な投資だと気づきました。今後は、税金がどのように地域社会のために使われているかにもっと関心を持ち、社会に貢献するために自分に何ができるかを考えていきたいです。

自動車と税金をテーマにした例文

普段、家族で乗っている自動車をテーマにした作文です。当たり前のように使っているものにも税金が関わっているものはたくさんあります。日常の中に「税金」を探してみるのも面白いかもしれません。

書き出し・具体的なエピソード

最近、家の車が車検を受けることになり、自動車税の支払いについて考えるきっかけがありました。自動車税の額を見たお母さんは、「なぜこれほどの額を払わなければならないのか」と言っているのを聞いて疑問に感じました。車は私た家族にとっては不可欠ですが、その税金の理由や使われ方をよく知らなかったからです。

調べたこと

自動車税は、車を所有している個人や企業に対して課される税金です。この税金は、道路の維持・整備、交通安全対策、環境保護など、自動車に関連する公共サービスの財源として使われています。自動車が利用するインフラの維持には多額の費用がかかり、その一部を自動車税として車の所有者が負担していることがわかりました。また、車種や排気量によって税額が異なり、環境に配慮した低排出ガス車には税制上の優遇措置があることも学びました。

考えが変わった瞬間・まとめ

自動車税について調べることで、私たちが日常的に利用する道路の維持や安全な交通環境の確保に、この税金が大きく貢献していることを理解しました。また、環境保護に配慮した車両への税制優遇は、より持続可能な社会への移行を促していると感じました。自動車税をただの負担と見るのではなく、安全で快適な交通環境を享受するための重要な貢献として受け止め、今後はより環境に優しい車選びを家族と一緒に意識して考えてみたいと思います。

税金作文の書き方

「税金」というテーマに対して、作文が苦手と感じる人もいるかもしれません。しかし、作文には一定のルールやコツがありますので、作文を書く前に把握しておくと役に立ちます。

「作文を書くのが好きじゃないな〜」という人は、ぜひ読んでから作文に取り掛かってみてください。

文章の全体構成をイメージする

作文を書く際には、文章の全体構成を事前に計画することが重要です。

構成というのは、どのような内容を含めるかを事前に計画しておくことを意味します。

何も考えずに「とりあえず書き始める」のではなく、文章の流れや中心となるテーマを明確にして、まずは何を書くかを整理しておきましょう。

一般的には「導入部、本論、結論」の3つの部分に分けて考えます。

それぞれの部分で伝えたい主要なポイントを明確にし、全体が論理的につながるように構成を計画しましょう。

原稿用紙の使用ルール

作文を書く際には、原稿用紙を正しく使うことも大切です。

  • 一文字一マスを守る
  • 小文字も一マスに一文字
  • 句読点や括弧も一マスを使用
  • 文の始まりは常に一マス空ける
  • 段落の変わり目には一マス空ける
  • 文末に余韻を持たせる場合は、3点リーダを2マスにわたって使う
  • ダッシュ記号は2マスを使う
  • 数字は縦書きの場合は漢数字、横書きでは算用数字を使用
  • 言葉の使い方や漢字の使用を統一し、読みやすさを保つ
  • 文章の調子(ですます調やだ・である調)を統一する

原稿用紙を適切に使用することができれば、それだけで読み手にとっては読みやすくなり、作文に対する親しみやすさも高まります。

作文の基本ルールを守る

作文を書く際には、基本的な作文のルールを守ることが大切です。

例えば、接続詞の後の文章が文脈に合っていない、文法的な誤りや表現の乱れがあると、内容が伝わりにくくなります。文末に適切な句点を使い、主語と述語が一致しているかを確認するなど、基本的な文法規則に留意して文章を作成しましょう。

「はじまり」を工夫する

作文の「はじまり」の部分は、読んでくれる人の関心をひきつけるために重要な部分です。

興味をそそる「はじまり」を考えることで、読者を作文の世界に引き込むことが可能です。

例えば、意外な事実や引用、質問形式の文を使って、導入部を魅力的にしましょう。また、具体的な例や物語を用いることができれば、読者の共感を生み、好奇心を刺激することができます。工夫された「はじまり」は、文章全体の魅力を高めます。

表現方法の活用

文章をもっと色鮮やかにするためには、表現方法を上手く活用することが重要です。

より詳細で具体的に表現をしたり、読む人の感覚を刺激するような表現を取り入れることができれば、読者の想像力を刺激します。印象的でありながらも、理解しやすくシンプルながら効果的な表現を目指しましょう。

読み直して書き直す

作文を完成させた後は、必ず自分で読み直してみましょう。

できることなら、書き終わってから少し時間を置いて読み直すのオススメです。冷静になってから内容を見直します。

文意が適切に伝わっているか、誤字脱字がないか、無駄な繰り返しがないかなどをチェックします。また、文章の流れやつながりに問題がないかも確認することが重要です。作文を読み返し、見直しを行うことで、より質の高い作文を作成することが可能になります。

結論は簡潔に

作文の最後の締めくくりとなる「結論」は、論点や要約を簡潔にまとめることが求められます。

長い結論は読者の注意を散漫にし、伝えたい核心が薄れてしまう可能性があります。結論では、主張や要点をはっきりと示すことが大切です。コンパクトでありながらも、強い印象を与える言葉選びによって、読者に深く印象づけることができます。

まとめ:税金をテーマにした作文の書き方

ここまで「税金をテーマ」にした作文を書く際の重要なポイントをお伝えしてきました。

「税金は大人になってから。今は関係ないよ」と思ってしまうテーマですが、例文でもご紹介してきたように実は身近なテーマでもあるのです。

税金をテーマにした作文を書く際には、まず作文の全体構成を計画的に考えることが重要です。導入部、本論、結論という構造を基本に、それぞれのセクションで何を伝えたいのかを明確にしましょう。全体が論理的につながり、一貫性を持つように計画を立てます。

次に、書き出しの工夫が重要です。読者の興味を引くために、興味深い事実や引用、問いかけを用いたり、具体的なイメージやエピソードを活用したりしましょう。読者の注意を引きつけ、興味を持ってもらうための工夫を凝らします。

文章の表現にも工夫が求められます。具体的な描写、比喩、感覚的な表現を用いることで、読者のイメージを刺激し、メッセージを鮮明に伝えます。インパクトがありつつも、理解しやすくシンプルかつ効果的な表現を心がけましょう。

作文の結論は、簡潔にまとめることが大切です。長々とした結論は読者の集中を削ぎ、メッセージが薄れがちです。結論部では、主張を明確にし、簡潔かつ力強い言葉で読者に強く印象づけます。

最後に、作文を書き終えたら、必ず見直しを行いましょう。文章の流れや論理的なつながり、誤字脱字の有無などを確認し、より良い文章に仕上げることができます。

日常の中にある「税金」に目を向けて、ぜひ新たな学びの機会となる作文を書いてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

毎日を楽しく生きることができる情報をお届けしています。私自身が楽しいと思える。毎日が楽しくなると思える情報を中心にした雑記ブログです。
また「毎日を楽しく生きる」ための考え方や意識の持ち方を解説する電子書籍を発刊しています。
Amazon「なぜ、あなたは幸せでないのか?毎日を楽しく生きる7つの方法 Kindle版」

目次